政策について

1 自然環境の保全に取り組みます。

荒川堤外の自然を活かし、周辺を市民の皆様にいこいの場として提供できるよう取り組みます。

また鴨川、鴻沼川沿いの堤防をウォーキングロードとして整備し、自然環境を保全しながら健康長寿の実現を目指します。

2 医療・福祉を充実させます。

さいたま新都心に建設中の県立小児医療センターは、日赤病院との連携で更なる高度医療による周産期医療制度の充実が見込めます。

子育てが出来る環境・高齢者が安心して暮らせる地域コミュニティーの形成を図ります。

3 都市基盤整備を充実させます。

懸念される首都直下型地震等に備え、建物の耐震化を進め安心・安全な地域づくりに努めます。

首都高速埼玉線の圏央道までの延伸とあわせて浦和北インターチェンジの設置を推進します。

4 県有地の有効活用

常盤高校とさくら高等学園特別支援学校の入り組んだ土地を整備し、県立衛生研究所(上大久保地区)の有効な跡地利用を考えます。跡地については教育用農地防災拠点とすべく働きかけます。

新たなる決意

桜区においては、インフラの整備をはじめとし、自然災害への対策や危機管理体制の強化、さらには教育の質の向上、そして何より安心して子育てができる環境づくりが喫緊の課題であると考えます。

また、高齢者の皆様が健やかに暮らせるよう、医療と介護の充実も不可欠です。

私は地元で生まれ育った者として桜区に対する強い郷土愛をもち、【豊かな自然と町の共生】をテーマに、住んで良かった桜区・これからも住み続けたい桜区の実現とともに、魅力度ナンバー1の埼玉県を目指してこれからも走り続けてまいります。