埼玉県の人口は約732万人(平成31年1月現在)であり、その平均年齢は若く、また県土には自然豊かな緑地が分布しており、年間を通じて晴天の日が多いのが我が埼玉県の特徴であり、強みであると考えます。

しかしながら、県民ひとり当たりの医師・警察官が不足していることは顕著であり、その数が全国でも最も少ない県であることに加え、高齢者人口(65歳以上の人口)は2040年頃まで増加することが予想されることから、労働人口の不足に伴う介護人材の不足・医療需要の急増など、より早急な対策が必要であります。

私たちの住む、さいたま市桜区におきましても、そうした課題をより具現化し、きめ細やかな対応を図るとともに、インフラの整備・自然災害対策や危機管理体制の強化・安心して子育てのできる環境づくり・高齢化に対するハード面&ソフト面の備え等、これらの諸課題を着実に解決すべく日々取り組んで行きます。

地元出身の者として地域に責任を持ち、桜区に対する強い郷土愛をもって引き続き【豊かな自然と街の共生】を大きなテーマとし、皆様の暮らしの利便性向上に資する活動をしてまいります。